日記

仕事について

仕事は一人ですべてやることはできないもので(できたとしても
それをやってしまうとあまり良いものができません。たくさんの
人の手垢が付いたほうが結果的に良い仕事が完遂されます。)、
僕も多くの人の力を借りながら日々仕事をしています。

仕事をする上では、技術的な能力もさることながら、
仕事本体以外の部分がとても大切になります。

たとえば、メールの書き方や返信のスピード、
締め切りを完璧に守れるかどうか、人との話し方、
ひとつひとつの行動の丁寧さ、細部までこだわれるかどうか、
そして、人間的に合うか合わないかということも含まれます。

映画監督がいつも同じ役者さんやスタッフと一緒に仕事をする
のは、これら仕事本体以外の部分によることが多いですね。
他にも優れた役者さんやスタッフはたくさんいるはずなのに、
そういう人ではなく気心の知れた人と一緒に仕事をするのです。

そういうことですので、仕事においては、
その仕事本体の技術が高いからといって「仕事ができる」とは
言うことはできません。

仕事の技術は多少低くても、言葉遣いやメールが丁寧だとか、
心に美しいものを持っているとか、頼んだことにプラスして
「こんなのはどうでしょう。」と提案してくれるとか、
そういう人と一緒に仕事をしたいと強く思います。

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。