日記

仕事には心が映る

仕事をする上では、とにかく僕に仕事を頼んでくれた人を
がっかりさせるようなことがあってはいけない、
僕のした仕事を喜んでもらえるように全力でがんばろう
と思いながらいつもやっています。

どんな仕事であっても、頼んでくれる人がいて初めて
成り立つのですから、感謝の気持ちがまず先にあります。
それは仕事というのはたとえどんなにクリエイティブな仕事で
あっても、自分の代わりなどいくらでもいるからです。
(プロジェクトは生き物のようなものですから、
クリエイターの首を代えても何事もなく進行します。)

特に僕のようにどこかの会社に所属しているわけではなく、
上から流れてくる仕事を待っているような状況ではない
身にとっては、ひとつひとつの仕事がとてもありがたいのです。

仕事というのは不思議なことに、嫌々やると、
その「良くない雰囲気」がそのまま乗ってしまうものです。
ごまかそうとしてもそうはいきません。

逆に、心を込めて丁寧にやると、それがそのまま伝わります。
創作の仕事ではなく、単純な事務作業であっても伝わります。

窓ふきやトイレ掃除など誰がやっても同じに思えるようなこと
でも、それをした人の心が反映され、違った結果になります。

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。