日記

仕事のできる人は休むのが上手

これまで、仕事で様々な人に会ってきましたが、
仕事のできる人というのは、「休むのが上手な人」のことである
と最近気が付きました。

たとえば、まだ仕事に慣れてない新人さんの場合、
分からないこと、できないことだらけですので、
常に緊張状態にあると言えますね。

お昼休みだって、心の底から休めているとは言えないでしょう。
午後の仕事のことがぼんやりと頭の中にあるはずです。
そうやって、終業の頃には心身共に疲れ果ててしまいます。
(家に帰ってからも、明日の仕事のことが気になってしまう
人もいるでしょう。)

一生懸命仕事をしていますので、それはそれで良いのですが、
仕事が上達してきますと、そうした緊張状態が緩和され、

「力を注ぐべきところと、力を抜くところ」

が分かるようになってきます。

それは、「手を抜く」ということではなく、

「無駄な労力を省き、その分のエネルギーを
 必要なところに注ぐことができる」

ということになります。

仕事のできる人をよく観察してみますと、
実にゆったりした構えで仕事をこなしています。
はたから見たら「楽をしている」と思われることもあります。
しかし、実際は恐るべき精度と量の仕事をこなしています。

新人さんが24時間仕事のことばかり考え続けてやったものより、
質的にも量的にも何倍もの成果が上がった仕事を、
静かな表情と動作でこなすのです。

つまり、どんな分野の仕事でも同じですが、

「仕事が上達する」

というのは、

「力を入れるところと、そうでないところの見分けが
 つくようになる」

ことであると言えるでしょう。

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。