日記

仕事の能力と整理整頓

「仕事の能力を上げたい」

と思っている人がいましたら、まずは自分の身のまわりが
きれいかどうかを確認してみると良いでしょう。

お部屋が掃除されていてきれいかどうか、ということよりも、
いつも使う仕事の道具がきれいに整っているかどうかを見ます。

もちろん、部屋にひとかけらのほこりがないということは
特にサービス業などにおいては大切な基本ですが、
お客さんに見えないところにある仕事道具などが、
使いやすく整理整頓されているかもとても重要です。

パソコンを使って仕事をすることが多いという人は、
デスクトップを見てみてください。
必要のないアイコンが置かれてはいないでしょうか。
ファイルやフォルダにはちゃんと名前が付けられていて、
中身が把握できているでしょうか。
(新規作成した時の「新しいフォルダー」などという名前のまま
などはもってのほかです。)

ファイルやフォルダをいちいち開いてみなければ、
中に何があるのか分からないようでは、仕事上良くありません。

また、ファイルやフォルダは見えないところで日時管理されて
いますが、見た目にすぐ分かるようにするととても便利です。

たとえば、

クライアント名_作品のタイトル_日付

などというように、ファイル名の後ろに日付を記入することで、
いつ作ったファイルなのかすぐに把握することができます。

日付は、

2014年11月19日 → 20141119

などというように数値の羅列で打ち込んでおくと良いでしょう。

パソコン以外の道具も、整理整頓されてあるでしょうか。

特によく使うものは、椅子に座った状態ですぐに手が届くところ
に置かなければいけません。
身をかがめたり伸びをしたりしなければ届かなかったり、
ましてや立ち上がらなければ手にできないようではいけません。

楽天の社長である三木谷さんは、

「汚いお店は、売上が悪い。」

と言いましたし、優れた工芸品を作る芸術家は、
作品を作るのと同じくらいの時間と精神力で、
道具を磨いたり整えたりします。
腕の良い演奏家や役者さんほど、本番の何時間も前に
会場に入って、リハーサル(本番のための心の整理整頓)に
力を注ぎます。

仕事の能力というのは、仕事をする環境を整える能力である
と言えるでしょう。

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。