日記

仕事は雑用が80%

会社内で自分の役割を考えたり、何か仕事をしようという時に、

「雑用はいやだ」

と考える人は多いのではないかと思います。

どうせ働くなら何かもっと有意義な仕事をしたいとか、
もっとかっこいい、誰もが憧れる職業に就きたいとか、
そんな風に考えることがあるでしょう。

しかし、

「仕事の80%は雑用である」

と言えるでしょう。

わくわくしたり、クリエイティブだったり、楽しい気分を
味わえるのは、仕事全体の20%もあれば良いほうです。

仕事の中身のほとんど多くは、面倒くさいことであり、
地道にコツコツ積み上げなければいけないものであり、

「どうしてこんなことをやらなければいけないのだろう」

と思いたくなるようなことばかりなものです。

一見するとその80%の雑用は、誰にでもできる、
それこそ本物の「雑用」に見えるものですが、実は、

「その人にしかできない雑用」

であり、それを疎かにすると、20%のわくわくや楽しさは
もちろんのこと、仕事全体すべてが崩れ落ちてしまいます。

面倒なこと、具体的な小さなこと、淡々として面白くないこと、
苦痛と倦怠感を伴うもの、そういったものを真面目に、
丁寧にやることが、仕事をするということです。

今日の音楽

先駆者/作曲:山谷 知明

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。