日記

仕事への意識を変えて輝こう

取引先の会社を訪問したりお茶をしにカフェに入ったりした時に
キラキラと輝いている人を見かけることがあります。

それは、自分の仕事に誇りを持ち、「仕事を楽しんでいる」こと
がこちらにも伝わってくるような人です。

明るくて、元気が良く、生き生きと一生懸命働いています。
行動のひとつひとつが丁寧で、心がこもっています。

自分の力を社会のために使おう、一生懸命使おう、
としている人に共通してみられる美しさですね。

それとは逆に、イヤイヤ働いているのがこちらにも伝わるような
残念な人も見かけます。
こういう人は一生、「働く」のではなく「働かされる」のみで、
どこかで仕事に対する意識を変えない限り、
いつまでたっても豊かな人生を送ることはできないでしょう。

「そんなこと言ったって、
 これは私にとってやりがいのある仕事ではない。」

などというのは単なる言い訳に過ぎません。
なぜなら、その同じ仕事をしていながら、
輝いている人がいるからです。

仕事が悪いのではなく、仕事に対する意識が悪いのですから、
やりがいのある仕事を探す前に、
働くということに対する自らの意識を変えましょう。

どのような仕事であっても、
人に輝きを与える魔法を秘めているものです。

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。