日記

休みを作る能力

有給休暇の未消化など、日本人は「休むのが下手」な民族です。

同族意識が強く、

「他の人が働いている時に自分だけ休めない。」
「他の人が休むのなら自分も休む。」

というように、自分の権利に対する意思がとても弱いですね。

また、仕事をいつまでもダラダラと続けてしまいがちです。

仕事のできない人が、たったひとつの案件を

「あー 終わらない終わらない。」

などとぼやきながらいつまでも続け、挙句の果てには残業となり、

「あー 今日も残業だよぉ。」

などと愚痴を言っているのは、よく見かける光景です。

もっと多くの案件を残業なしでこなしている仕事のできる人が、
仕事ができずに残業代ばかり食う人よりもお給料が少ないとは
おかしい話ですね。

仕事のできる人の動きを観察してみますと、
休みを効果的に活用していることに気が付くでしょう。

機械でさえ、たまに電源を切って休ませたり油を点したり、
メンテナンスが必要となるのですから、
人間はもっと休まなければいけません。
休むことによって仕事の出来具合もレベルアップするからです。

仕事のできる人はそういうことをよく知っていますので、
休みを取りにくいこの国で、上手に休みを「作って」います。

「休みを作る能力」のある人ほど仕事がよくできる、
と言っても良いかもしれませんね。

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。