日記

休み上手

僕の周囲の人たちを観察してみますと、
仕事のできる人ほど上手に休んでいることに気が付きます。

ある人は、生真面目な性格のためでしょうか、ひとつの仕事を
ため息をつきながら必死にがんばってやります。
そして、夕方にやってようやくそのひとつの仕事を終えます。

もう一人の人は、怠けているのではないかと思えるくらい
ちょくちょく休みを取りながら仕事をします。
しかし不思議なことに一日にいくつもの仕事をこなします。
仕事が粗末なのではないかと言えばそうではなく、
ひとつの仕事を夕方までかかってやる前者よりも、
良い出来の仕事をすることが多いのです。

おそらく集中力の違いによる結果だと思いますが、
短時間で高品質な仕事をしようと思うと、
かなりの集中力を必要としますので、
その際のエネルギーを生み出すために、
しっかり休むことが大切になってくるわけです。

結果として見てみますと、よく休んでいる人ほど仕事ができる
ということになり、ひとつの仕事を一日かけてじっくりやる人
よりも質が高いものを生み出すことになります。

「仕事上手」になりたければ、まず、
「休み上手」になりましょう。

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。