日記

会社は自分のお客さん

会社で働いている人は、会社を「自分のお客さん」だと思って
お仕事をしなければいけません。

就職活動はいわば自分自身を営業することであり、
履歴書は自分を買ってもらうためのプレゼン資料です。

就職することができたのなら、その会社は、
あなたという商品を買ったことになるのですから、
失望させることのないよう、しっかり働かなくてはいけません。

会社に文句を言う人は自分のお客さんに文句を言っていることに
なりますし、自分の会社を誇りに思っている人は、
自分のお客さんを大切にできる人だと言えるでしょう。

会社はお客さんですので、30万円のお給料をもらっている人は、
最低でも30万円分のお仕事をしなければいけません。

会社に30万円以上の利益をもたらして初めて
お客さんである会社を満足させることができるのです。

よく顧客満足度とか、お得感とか、価格以上のものを得られる、
などと言われますが、それはそっくりそのまま
会社で働く人の仕事ぶりにも当てはまります。

価格以下の価値しか与えられない商品であれば、
お客さんはもう買ってはくれないでしょう。

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。