日記

何もしない時間は大きな苦痛

毎日忙しく動いている人は、何もしなくて良い時間を
羨ましく思うことがあるかもしれません。
しかし、何もしない時間というものは意外にも苦痛なもので、
心の調和を乱すことが多いものです。

ドストエフスキーの小説の中で、

「自分の足がやっと乗るだけの狭い地面以外すべて、
 周囲が暗闇への崖っぷちのような場所に立たされた場合、
 人は耐えられなくなって、
 自らその暗闇の中へ身を投げてしまうだろう。」

というような文章があります。

何もすることがない、どこにも行く場所がないということが、
人をどれほど絶望させることでしょう。

何でも構わないので何かしたほうが良いのです。
仕事が忙しければ、それは幸せなことですね。
自らを生かすことができると同時にお金ももらえるのですから。

お金にならないようなことでも、
社会のために忙しく自らの労力を使うことができるのなら、
それもまた幸せなことです。
自らを生かすことができると同時に
誰かを助けることもできるのですから。

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。