日記

何をやるかではなくどうやるか

どんなことでも「何をやるか」よりも「誰がやるか」によって
大きく結果が変わるのは、皆さんよくご承知のことと思います。

全く同じことをある人がやるとうまくいくのに、
別のある人がやるとうまくいかないということがあります。

そして、うまくやることのできる人には、
たいてい何をやらせてもうまくいくものです。

「誰がやるか」というのは「どうやるか」であって、
その方法をその人は持っているのですね。

この「どうやるか」というのはその人の経験や感覚などと
切り離せないものですから、これをそっくりそのまま
コップの水を移し替えるようにマネしてもうまくはいきません。

秘伝などと言わずにその方法をすべて包み隠さず教えたとしても
不思議なことに、うまくはいきません。

全く同じ道具を使い、全く同じやり方でやっているにも関わらず
一方はうまくいき、もう一方はうまくいきません。

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。