日記

余裕の呪いと魔法

何事においても、「余裕」ほど大切なものはありません。

人間が起こす大きな過ちや失敗の原因の多くは、
「余裕がないこと」であると言えるでしょう。

余裕というものは、本来は、近々には不必要なもの、
余っているもの、ストック、いざという時のために保存している
もの、と捉えられがちですが、実は、今まさに面と向かっている
問題や、手がけている仕事それ自体にとって、
とても必要なものなのです。

たとえば、ある仕事をする時に、余裕のある人がやったものと、
余裕のない人がギリギリのところで必死にやったものとでは、
その出来映えに差が出てきます。

目に見える部分は同じようにできてはいても、余裕の有る無しが
その仕事の背景に感じられてしまうから不思議です。

それは別の言い方をすれば「安心感」ということでしょう。
仕事にとっては「安心感」はとても大切ですので、
これが損なわれるような仕事であってはいけないわけです。

また、さらに恐ろしいことに、その仕事をできる能力はあるのに
余裕がないことによって、その能力がうまく発揮できず、
仕事に失敗してしまうということもあります。
余裕の無さが悪影響を及ぼす「呪い」のようなものです。
本当はできることなのにできなくなってしまうなんて
もったいないですよね。

逆に、その仕事をするにはやっとの能力しか持ち合わせていなく
ても、余裕がたっぷりあることによって、手慣れたように仕事を
進めることができることもあります。
余裕が有ることで技術に良い影響を及ぼす「魔法」ですね。

このように、余裕というものは、いつかのためにストックして
おくようなものではなく、今やっていることに良い影響を
与えるためにも、常に持ち合わせていたほうが良いでしょう。

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。