日記

作品との出逢いは人との出逢いに似ています

歳を取ってくると、どんどん自分の嗜好の範囲が狭まってくる
ように感じ、観たいもの聴きたいもののジャンルや傾向が
限定されてきます。

自分の嗜好に沿ったテーマの作品にしか目が向かなくなり、
これはあまり良くないことだと思っています。
(興味のない作品をがんばって鑑賞してみた結果、
 やはり面白くなかったということが多いのですが(笑)。)

それでも新しくリリースされた作品やヒット作を
好き嫌いに関わらず積極的に鑑賞する姿勢でいますと、

「思いがけずとても良い作品に出逢った」

ということがたまにあり、自分の好み以外のものを積極的に
鑑賞するのは意味のあることだと思い知ります。

また、ヒット作を鑑賞する時には、その作品がヒットした要素を
部分的に分析して参考にするのではなく、その作品がなぜ
多くの人に受け入れられたのか、時代背景と照らし合わせながら
検証すると良いということを、あるプロデューサーに教えて
いただいたことがあります。

先日このブログでも書かせていただいた内容に重なりますが、
作品との出逢いは人との出逢いに似ています。

数少ない良い人に出逢うためには、神様に身を委ねながら、
たくさんの出逢いを経験しなければいけません。

今日の音楽

あの人の決意(ピアノ)/作曲:山谷 知明

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。