日記

作品のことは作品に訊こう

音楽や映画など、創作的な仕事においては、
明確な「正解」というものがありません。

作曲家にも監督にもプロデューサーにも、
「正しい答え」は分からないのです。

創作の過程で、何を採用し、何を捨てるか、
ひとつひとつ選択していかなければいけません。

その積み重ねによって一つの作品が完成します。

選択するにあたって、選択する人間の「好み」が
大きく反映されるのはしかたのないことでしょう。

どうするのが一番良いか。

どれをとっても正解とも言えるし、間違いとも言えます。

これが創作的な仕事の自由な面でもありますし、難しい面でも
ありますね。

完成し、しばらく時間が経った後で、これは正しかった、
これは間違っていた、ということが判明するのです。

それではどうすれば「正しい答え」を得られるでしょう。

それは、「好み」に依存するのではなく、

「作品のことは作品に訊こう」

ということです。

作品は、作れば作るほど命を持って生き生きしてきます。
作品自体が向かいたい方向を指し示し、分からないことを
教えてくれたりします。

自分の好みを封印し、作品そのものや、作品のテーマに
耳を傾けていると、答えが浮かび上がってくるでしょう。

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。