日記

作品の鑑賞は自分を鏡に映すようなもの

音楽や絵画、本や映画など、芸術鑑賞の興味深いところは、

「鑑賞者の心構えによって、得られるものが大きく違う」

という点です。

たとえば、ある一曲の音楽を聞こうとする時に、
Aさんは作業時のBGMとして流し聞きをします。
Bさんは始めからお終いまでじっくり集中して聴きます。
すると、Aさんに比べてBさんのほうがはるかに豊かなものを
音楽から受け取ることができます。

同じ一曲の音楽を聞くのに、とても不思議なことですね。

芸術作品というのは、それ自体が能動的に何かを発してくれる
ものではなく、受け手の姿を映して価値を反射してくるもので
あると言うことができるでしょう。

むかし読んだ本を最近改めて読み返してみて新しい発見を得る
のも、本の内容が変わったからではなく、読み手自身が変化・
成長したためです。

ほんの束の間の時間、音楽や本などから素敵な気分、
新鮮な気持ち、生きるヒントを得たいと思ったら、
じっくり腰を据えて味わう必要があります。

今日の音楽

なつかしい日々/作曲:山谷 知明

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。