日記

作品はみんなで作るもの

たくさんの人が集まって一緒に作る映画や商業音楽はもちろん
ですが、個展で発表するような、完全に一人作業の作品でさえ、
実は多くの人が関わっているものです。

たとえば、たった一人で部屋にこもって材料をテーブルに並べ、
さあ、これから自分一人で作品を作るぞと意気込んだとします。
しかし、潜在意識の中では、たくさんの人を感動させたい、
驚かせたい、この作品であの人を喜ばせたい、などという欲が
心の奥底からふつふつと湧いてきます。

その段階で、たくさんの人が感動する作品にするにはどうしたら
いいかとか、喜ばせたいあの人の好みはどうかとかあれこれ考え
そうすると自分以外の誰かの存在が作品に反映されることに
なります。

そして、それは悪いことなのではなくむしろ良いことで、
作品というのは、

「たくさんの人の存在」

を感じられるもののほうが良いですね。

作品はみんなで作るものなのです。

かといってそれはたとえば音楽を作ろうとする時に、
複数の作曲家が集まってコラボレーションするなどということ
ではなく、

「作曲家と依頼人」

この二人のコラボレーションであっても良く、作品を作る時には
必ずしもその分野の専門家ばかりでなくても良いわけです。

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。