日記

作品をこねる

僕は天才ではありませんので、
作品を一度で完成させることはできません。

まず手探りをしながら何となく形にしてみます。
どんなものができるのか自分でも分からないような状態です。

とりあえず作ってみると、目で見えるもの、耳で聞こえるもの
になりますので、それを受けながら感覚を働かせていきます。

「ここはちょっと違う」

「この方向でいいかな」

などと一人でぶつぶつ言いながら、目の前の作品(になる前の
もの)と、感覚を混じり合わせていくようなイメージです。

「これはやめよう」

と思って一度捨てたものを、数時間後にまた引っ張り出してきて
取り入れることもあります。

ゴールは見えているようでまったく見えていません。

何を作ろうとしているのかさえ分からなくなってしまうくらい
混乱してしまうこともあります。

しかし、根気強く作品をこねくり回していると、そのうちに、

「あ、これだ」

と思う瞬間と出逢い、それはどんなに強い力で揺さぶってみても
揺るがない存在感を持ってそこに鎮座することになります。

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No posts found.

Make sure this account has posts available on instagram.com.