日記

作品をチューニングしよう

何かをこしらえる時に、心のままに作っていると
どうしても「独りよがりな作品」となってしまいます。

作る人が、作る人の脳で考え、作る人の手を動かして作るのです
から当然と言えば当然のことですね。

出来上がったものをたった一人で眺めてニヤニヤするだけなら
それでもう完結なのですが、その作品を
自分以外の人にお披露目したり社会に投げかけたりする時には、
それだけでは足りません。

周囲の人に

「こんなもの作ったんだけどどう思う?」

と尋ねてみて、いろいろ言われることに腹を立てずに
(かなり酷いことをいろいろ言われるものですが立腹しては
いけません。)意見を取り入れて手直しする必要があります。

そしてまた

「直してみたんだけどどう?」

と尋ねて、また酷いことを言われて・・・その繰り返しです。
その作業をすることによって、作品が独りよがりではないものに
磨き上げられていきます。

まるでラジオのチューニングのようなもので、
自分の考えと人の意見を調和させながら、
ああでもないこうでもないを積み重ねて、
一番心地良いポイントを探っていくのです。

「創作はもっと自己主張が強くても良いのではないか?」

と言う意見もあるかと思いますが、自己主張が強いことと
自分の意見を押し付けることとは違いますし、
そして一番基本的なことをつい忘れがちなのですが、
作品を評価をするのは自分ではなく他人ですので、
より多くの人に自分の作品を受け入れられたいと願う以上、
多くの人にとって心地良いものであるように
調整する必要があります。

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。