日記

作品を良くするチャンス

迫り来る締切に追いかけられながら、
この身の力すべてを振り絞って作り上げたものに対して、
お客様から修正のリクエストが来た時には、
「よくあること」と頭では分かってはいるものの
少なからず落ち込んでしまうのは、
クリエイターなら誰もが身に覚えのあることでしょう。

「一発OK」

この言葉ほどクリエイターを喜ばせるものはないのです(笑)。

しかし、自分では「最高」と思うものが、
他人にとっても「最高」であるとは限りません。

仕事というのは、「自己満足」ではなく「お客様満足」ですので
自分の美学ではなくお客様の美学を尊重しなければいけません。

自分の好きなようにやりたいのであれば、仕事ではなく、
自分の「個展」でやればいいだけの話です。

お客様の望むものを作って満足してもらうことが大前提です。

とは言うものの、僕も神様ではありませんので、
お客様からリクエストが来た時には、
一瞬(ほんの一瞬だけですよ)ムムムっとなりますが、
そんな時には、深呼吸をして心を鎮め、
こう自分に言い聞かせます。

「作品をもっと良くするチャンスをいただきました。」

仕事は、お客様との「対話」です。

作品をテーブルの真ん中に置いて、
お客様と一緒にいろいろな角度から眺めながら話し合うのです。

僕のほうから見て「完璧」だと思っても、
お客様のほうから見たら思わぬ傷が付いていたりするものです。

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。