日記

作用と反作用

何かを成し遂げようとしたり、前に進もうとする時には、
必ず何らかの「抵抗」に直面し、
それを押しのける力が必要となります。
「作用」には、それとは逆向きの力である「反作用」が
必ず存在するからです。
「わたしはちゃんと前に進めているかな・・・」
と不安になることがあるでしょう。
その答えは、「反作用を感じて生きているか」です。
抵抗と戦って生きているかどうか。
それを押しのける力を出しているかどうか。
そこにはある種の「苦痛」があり、その「苦痛」こそが、
「しっかりと前進している証拠」となるのですね。
自分が前に進めているかどうか不安になるような時、
毎日の生活を振り返り、自分に問いかけてみましょう。
「しっかりと苦痛や疲労を感じながら、
 一日一日を生きているだろうか?」と。
向かい風を感じながら生きているようであれば、
目には見えなくても、ちゃんと前進していることでしょう。

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。