日記

働く人の心の状態

以前はそれほど重要とは思っていなかったのですが、
お仕事をする上では、働く人の心の状態によって、
結果が大きく異なってくることを最近実感しています。

つまり、良い心の状態でこそ良いお仕事が出来るのであって、
働く人はまず自分の心を整えなければいけないことになります。
(経営者や部署のリーダーなどマネージメントをする人は、
働く人の心の状態の最適化を目的としなければいけません。)

人に優しい、愛に満ち溢れている、などというのは、
最低でも持っていなければいけない大前提条件ですが、
お仕事をする上ではさらに、

「昨日よりももっと良い仕事をしてやるぞ」

という意欲と向上心が必要になります。

そういう気持ちにならなければ、機械と全く同じなのですし、
作業を繰り返すことで、心はますます死んでいくでしょう。

お仕事の内容がたとえ簡単な単純作業であったとしても、
もっと良くすることはできるはずです。

働く時にはそういう気持ちで取り組まなければ、
ただ規定の時間さえ過ごせば良いという考え方では、
最後の最後にすべて自分に跳ね返ってくるでしょう。

「自分の人生っていったい何だったのだろう」

という虚無感と大きな苦痛を手渡される前に、
働き方を見直してみましょう。

まだ間に合います。

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。