日記

冷静さの価値

昨日やった仕事で、昨日までは「これで完成。」と思っていた
ものが、翌朝目が覚めてみると「全く駄目だ。やり直し。」
ということがあります。

人間の脳はパソコンのCPUと同じで、使えば使うほど熱を発し、
ある種の麻痺状態となって、良くないものでも良いように
思ってしまったり、判断が鈍ったりしてしまいます。

休憩や眠りによって脳を落ち着かせ、冷静になるのは、
とても価値の有ることだと思い知らされます。
見えなかったものが見えてきます。
聞こえなかったものが聞こえてきます。

自分の意思で頭を素早く切り替えたり、自由自在に冷静さを
取り戻すことができる人もいるのかもしれませんが、僕はそれが
できないため、お茶を飲んだり、散歩をしたり、眠ったり、
意識的に「脳の冷却期間」を設けなければいけません。

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。