日記

出力の割合を大きくしよう

人間はほうっておくと、自分にできることであっても、
つい人に頼んでしまったり、自分の力を燃焼させるよりも、
堪能することのほうに割合が傾いてしまう傾向にあります。

読書をするのは有益な情報を自らの中に入れることですが、
それを「行動」に出力しなければ成長はしませんね。

エスカレーターと階段が並んで設置されてあると、
つい電気の力に頼ってエスカレーターに運んでもらおうと
しますが、階段を自分の足を使って、自分のエネルギーを使って
上ったほうが、地球にも自らの健康にも良いですよね。

インプットや自分以外のものに負担を肩代わりさせることよりも
自らの身体と精神を燃焼させてアウトプットすることのほうが
メリットがあるので、この割合を大きくしていきたいものです。

してもらうのではなくしてあげる、
食べるのではなく食べさせる、知るのではなく教える、
運んでもらうのではなく運ぶ、考えてもらうのではなく考える。

そういう姿勢で日々のことを見直してみますと、
自分でもできるのにやっていないことが
とても多いことに気が付きます。

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。