日記

出逢いは仕事から

「出逢いは別れの始まり」

という言葉がありますが、人は出逢った以上、
いつか必ずお別れしなければいけません。

素敵な人に出逢えた瞬間に感じる一抹の寂しさは、
出逢いとセットになっている別れを
心の片隅で予感するからかもしれません。

寂しい別れを受け入れなければいけないとしても、
出逢わないよりは出逢ったほうがいいのです。

そして出逢いは「数」ではなく「質」であるのはもちろんですが
「質」の良い出逢いを得るためには、ある程度の「数」を
経験しなければいけないのも確かです。

僕は出逢いの本質は「仕事」にあると思っています。

合コンなどのインスタントな出逢いの場に参加しても、
束の間の快楽の埋め合わせの相手は見つかるかもしれませんが、
関係を大切にしたいと思えるような質の良い出逢いは
なかなか得られないものです。

素敵な人と出逢いたいと思ったら、
仕事をがんばると良いでしょう。

もしも今仕事をしていないのであれば、
まずは何か仕事を探し、何でもいいのでやってみましょう。
運命の人と出逢えるかもしれません。

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。