日記

力を注ぐ2つの方法

人間の力には限りがありますので、一日のうちに行うすべての
ことにおいて最大の熱量を込めるというのは不可能なことです。

そうしますと、限りある力を有効に使うために、次のいずれかの
方法を選ぶことになります。

◆1、
すべての行動にまんべんなくそれなりの熱量を注ぐ

◆2、
ある行動には最大の熱量を込め、それ以外の行動には必要最小限
の熱量だけを込める

「1」の方法を取ると、すべてを卒なくこなすことができます。
ただし、強烈な結果を出すことは難しく、すべてにおいて「そ
れなり」の結果になってしまうでしょう。

「2」の方法を取ると、最大の熱量を込めたある一つのことに
おいて、強烈な結果を生み出せる可能性があります。
ただし、事前に自分が力を注ぎたい行動を選択する必要があり、
今の自分にとって何が大切かを知る必要があります。

また、「1」よりも「2」のほうが疲労度が大きく、また上手くい
った時の達成感や上手くいかなかった時の失望感も大きいという
のが僕が実体験を通して感じることです。

人生にメリハリが欲しいと思っていらっしゃる方にとっては、
「2」の方法が有効でしょう。
自分にとっての力の入れどころとそうでないところの選別を
まずはしてみると良いでしょう。

今日の音楽

雪の香り(バージョン2)/作曲:山谷 知明

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。