日記

動いている人は美しい

仕事柄、一日の大半はピアノかパソコンに向かっていて、
ピアノを弾いている間でもパソコンの電源は付けっぱなし、
という生活を送っています。

そのくらいパソコンに向かっている時間が長い僕ですので、
仕事の合間に、取引先やお客様のホームページやブログに
お邪魔させていただくことが多いのですが、
ページが更新されているととても嬉しくなります。

「ああ、生きているな。」

という動物的な安心感を得られるからなのだと思います(笑)。

以前、映画音楽を作っていてその慌ただしさのあまり、
自分のブログを1か月ほど更新できなかった時、
たくさんの方から心配のメールをいただきました。

「生きていますか?」

というストレートな文面も多く(笑)、ブログの更新如何では
死んでしまったと思われる時代なのだなと実感したものです。

取引先のホームページが大幅にリニューアルされている時などは
こちらまで嬉しくなり、隅々まで見てしまいます。
そして、新しいことを始めたのを知るとますます感動します。

水たまりの水は濁り、川の水はいつまでも清らかなように、
人も動いている限り、美しくいられるのだと思います。

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。