日記

千葉市文化センターで

昨日、千葉市文化センターのアートホールにて、
映画『アンダンテ ~稲の旋律~』の完成披露試写会が行われ、
ご招待いただきましたので参上いたしました。
「チバテレ」こと千葉テレビ放送さんが取り仕切っておられ、
その日の9時のニュースで放送されるということで、
僕も僭越ながら舞台挨拶をさせていただいたのですが、
極度に緊張して理由の分からない行動に走ってしまう人間なため
案の定、みっともない様相をさらけ出す結果となり、
千葉テレビが僕の住んでいる横浜では見られないのが、
残念ではありましたが、救いともなったようなかたちです。
試写会の後、数名の方が、
わざわざ僕などのところに足を運んでくださって、
今回の映画の音楽についてお褒めの言葉をかけてくださり、
とても有難い気持ちになりました。
また、上映中、お客さんから笑い声があがったり、
たくさんの方がハンカチで涙を拭いていらっしゃたりして、
それが僕にとっては不思議な感動となりました。
今回の試写会を運営してくださったたくさんのスタッフの方々、
そして、素敵な司会で映画をご紹介してくださった
宮地麻理子キャスター、本当にありがとうございました。

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。