日記

受け容れて、次の行動へ

今目の前で起こっていることを受け容れられた人が
次の行動に移ることができます。

受け容れられない人は、その場に立ち止まってしまい、
一切の行動を起こすことができなくなってしまいます。

また、頭では「受け容れた」と思っていても、
本当は受け容れられていないという状態の人はとても多く、
目の前で起こったことを心底から受け入れることの難しさを
物語っています。

誰でも自分の失敗は認めたくないものですし、
悲しみや苦しみからはできるだけ目を背けたいと思うものです。
それは心の奥にある羽毛のように柔らかい部分を守るための
自己防衛本能によるものなのでしょうが、
そのせいで次の行動を起こすことができなくなってしまうのは、
人間に仕掛けられたやっかいな機能ですね。

なぜならば、物事は放っておいたのでは悪くなるばかりであり、
行動を起こすことでしか人生は切り開かれないからです。

自分の欠点や社会の不条理、思いもかけない不運は、
人間の思考を停止させ、心を厚い壁で覆い隠してしまいます。

自らがオフにした思考のスイッチを再びオンにし、
自らが作った見えない壁を打ち壊して前に進みましょう。

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。