日記

古い新しいではなく良い悪いで判断しよう

年を取るにしたがって、新しいことへの興味が失せ、
若者が夢中になっていることを不満そうに横目で見下しながら、
むかしのもの、古いもののほうがやっぱり良いなどと言うのは、
「思考停止」という老化現象の一つと言われています。

まず、新しいことを始めるにはエネルギーが必要です。
facebookでもポケモンGOでも始めることに少しでも億劫さを
感じたら、老人の入口に立っていると言えるでしょう。
(僕は両方ともやっていませんが(笑)。)

むかしのもの、古いものというのは確かに「安心」です。
長い時間のフィルターを潜り抜けてきたわけですから、
あらゆる部分の問題点が改善され、機能的に洗練されて
誰もが安心して利用できます。
しかしそれ故に、新しい機能を受け入れにくく、
いつしか時代に合わなくなってしまう危険性があります。

新しいもの、新しいサービスは、未熟な部分があるかもしれ
ませんが、今の時代に適合した機能が充実し、
生活を格段に便利にしてくれる可能性があります。

新しいから、古いから、という理由で使う使わないを判断する
のではなく、便利だから、不便だから、良い、悪い、という、
もっともシンプルな動機によって物事を選択することが
必要となるでしょう。

今日の音楽

予感/作曲:山谷 知明

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。