日記

古い映画の中で輝き続けるセリフ

古い映画を観ていると、最新の映画を観るよりも、

「豊かなものをもらった」

と思う時があります。

それは多くの場合、セリフに関してです。

むかしの映画は、現在の映画に比べて、特撮などビジュアルの
技術面では劣っているのは当然のことですが、長い年月を経て
も色褪せないもの、それがセリフなのです。

たった一言、短い一言が、その映画全体のテーマを内包し、
大きなうねりとなって心に深い印象(傷跡)を残します。

創作者はその一言を生み出すために長い時間をかけたでしょう。
また、その一言を生かすために、多くの映画労働者がせっせと
仕事をしたことでしょう。

そうやって包み込まれたたった一言のセリフが、時代を越えて、
今でもたくさんの人の心に共鳴するのは興味深いですね。

今日の音楽

砂糖菓子のワルツ/作曲:山谷 知明

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。