日記

声にその人の心が表れる

初めて逢った人でも、ちょっと話をすると、
その人が何を大切にし、何に憧れて生きているのか分かります。

これはメールで送られてきた履歴書や、
ホームページのプロフィールなどを見ても分からないものです。

もちろん、プロフィール欄にはその人が大切にしているものや
「座右の銘」などが書かれてあったりしますが、
それがその人の「本当」であるとは言えないでしょう。
第三者が見ることを想定して書かれたものであるからです。

しかし、実際にお会いし、面と向かってお話していると、
発する言葉の音声に、その人の「本当」がにじみ出てきます。

何か大きなプロジェクトで一緒に仕事をする時や、
会社の雇用を決する際などに「面談」が設置されているのは、
このためでしょう。

経歴などは書面を見れば分かることですので、
何も会って話をする必要はありません。

その人の生身の「声」を聴いて、
その人の心の「本当」を知りたいのです。

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。