日記

変えてはいけないことと変わらなければいけないこと

生きていく中で、「変わらなければいけないこと」と、
「変えてはいけないこと」の両方があり、今向き合っていること
がそのどちらに属するのかを明確に知る必要があります。

「変えてはいけないこと」というのは、
自分の人生のメインテーマのようなもので、
短い言葉でシンプルに言い表せるものです。

◆自分よりも他人のことを先に考えたい

◆美しい生き方をしたい

◆人の悪口は絶対に言わない

など、自分の人生のルールと言えるものです。

ここから外れてしまうと、自分が何を大切に生きているのか、
何のために生きているのかが分からなくなり、混乱します。
そして、行き当たりばったりの無為な人生を
送ることになってしまうでしょう。

ですからまずはこの「人生のメインテーマ」をしっかり決めて、
自らの心の真ん中に置いておく必要があります。

そしてその上で、「変わらなければいけないこと」に
注目してみることにします。

社会や環境は日々、秒単位でめまぐるしく変化しています。
昨日は右に向かっていた情勢が今日は左というくらい、
極端に変化します。

それは、川の流れのようなもので、その流れに行動を合わせて
いかなかれば、目的地にたどり着くことはできませんし、
流れに逆らおうとすれば、船は転覆してしまうでしょう。

具体的な行動は、その時々の風向きに合わせて、
迅速に調整していかなければなりません。

つまり、「変えてはいけないこと」を守るために、
「変わらなければいけないこと」を受け入れる、
ということになりますね。

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。