日記

多重人格

人間は一日にいくつかのことを
同時進行的にこなさなければいけません。

仕事だけやっていれば良いということはなく、
家庭のこと、友人との付き合い、未来のための勉強など、
いろいろなことを並行してやらなければいけませんし、
様々な心配事も同時に解決していかなければいけません。

僕は音楽制作会社をやっていますが、
プロデューサーやディレクター、マネージャーを
雇うお金がないため、すべて自分でやらなければいけません。

依頼されていた音楽をクライアントに届ける時などは、
通常、大きな制作会社ですと作家本人ではなく制作ディレクター
が間に入って、作家の意思を伝えたり、
クライアントの希望をヒアリングしたりします。
そのことによって、作家の想いが分かりやすく、なおかつ
良い方向に少し演出されてクライアントに伝わりますし、
クライアントも、作った張本人には言いづらいことも、
しっかりリクエストすることができます。

しかし、僕の場合はそれらをすべて一人でやりますので、
自分で作ったものをクライアントに届けるのも自分です。
クライアントに自分の作品をあれこれ言われると傷付いて
かなり落ち込みますし、クライアントだって本人を前にして、
言いたいことを100%言うのはなかなか難しいでしょう。

そこで、仕事に支障が出ることを避けるために、
僕は「多重人格」になろうとします。

つまり、創作の時には作家としての自分、出来上がった作品を
クライアントにプレゼンする時にはディレクターとしての自分、
営業の際には営業マンとしての自分、お金の処理をする時には
経理係の自分、などというようにいくつもの自分を創造して、
他のことをしている自分とは完全に切り離すようにしています。

たまに、僕がさも他の作家が作った作品を持ってきたように
振る舞うために、クライアントもそんな気分になり、
時間が経つに連れて目の前にいる僕が作ったのだと思い出して

「ああ、これは山谷さんが作ったんでしたね。」

などと言われることさえあります。

営業の際にはスーツやネクタイの色もその人格に合わせるため、
初対面の人などは最初僕のことを音楽制作会社の営業マンか何か
だと思って話していて、やがて作品サンプルをお渡しすると、

「え!? これみんなあなたが作ったのですか?」

と驚かれることもあります。

制作ディレクターとしての人格を創り上げることで、
自分の作品を客観的に見ることができるようになりますし、
クライアントの希望や作品に対する改善点などを、
ストレスなく受け入れることができます。

「それでは、会社に帰って、ご希望を作家に伝えます。」

と言って去ることもあります(笑)。

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No posts found.

Make sure this account has posts available on instagram.com.