日記

夢の事前準備

何事においても事前準備というのは重要です。

物事に取り掛かった瞬間にリスクを取ったことになります。
リスクを積極的に取ってチャレンジしていくことの必要性は
以前このブログでも書かせていただきましたが、
ただ闇雲にリスクを受け容れるのでは破滅へ向かうだけです。
事前にしっかりと準備をし、機が熟すのをじっと待ち、
ここぞというチャンスの瞬間に恐れることなく始めましょう。

そして、事前準備とは、シミュレーションするということです。
起こりうるすべてのことを考え、そのひとつひとつに対して
実際に起こった時の対処方法を用意しておくということです。

どのような手段を講じても今の自分には耐えられないような
そんな事態が想定される場合には、そこで初めてその計画を
中止すれば良いのです。(それは失敗ではありません。)

多くの人は、事前準備をしっかりしないうちに
取り掛かってしまって(リスクを取り始めてしまって)
失敗するか、事前準備をしっかりしないために
どんなことが起こるか理解できず恐怖心に支配されてしまって
実際に行動を起こすことができないというそのどちらかです。

事前準備はその両方を回避できます。

「あたなの夢の事前準備」を始めましょう。

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。