日記

夢は「チラ見」しよう

何かをしたい気持ちはあるのにうまくできなかったり、
やることが多すぎて途方に暮れてしまうような時には、
目の前の小さなことに取りあえず手を付けると良いでしょう。

できるだけ小さくて具体的なものを選び出して、
まずはそこから始めてみましょう。

山のてっぺんを目指そうとする時に、山頂を見上げたままでは
やがて登ることにうんざりしてしまいます。
「変化」を体感できないためです。

足元を見つめながら一歩一歩着実に歩き、たまに見上げると、
山頂が少し近づいたように感じます。
そしてまた足元に目を落として歩き始めます。

そうしているうちに、気が付いたら
目指していた山のてっぺんにたどり着いているでしょう。

遠い、大きな夢や目標を目指す時、終着点ばかり見ることは、
仕事の進め方としては良くないそうです。

たまに夢を「チラ見」しながら、しっかり見つめるべきなのは、
足元に転がっている、手に届く、小さなことですね。

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。