日記

夢占い

まるで一つも夢を見なかったように思える夜でも、
ほんとうは最低でも10個は夢を見ていると言われています。

僕もよく夢を見ますが、そのほとんどは色付きのカラフルなもの
で、ストーリーが混乱した映画のような脈絡のないものです。

後味の悪いホラー映画を観た後のような気持ちで目覚めることも
ありますし、美しい幻想映画を観たような気持ちになり、
うっとりとした気分の中で朝を迎えることもあります。

僕は、夢で明日の運勢を占うようなことはしませんが、
自分自身のその時の心の状態を知るために分析をしてみることは
あります。

「お墓の夢を見ると幸運が舞い込むというから良かった。
 今日は何か良いことがありそう」

などいうのではなく、

「どうして昨夜、お墓の夢を見たのだろう。
 故郷のことが恋しい気持ちになっているのかな。

 お墓の夢を見ると幸運が舞い込むという話を知っているので
 幸運を強く望んでいるのかもしれない。
 だとすると今の状況をあまり良くは思っていないのだろう。

 こんな思考になると負の連鎖に入ってしまって、
 大きな失敗をしやすいものだ。

 気を付けよう」

というぐあいです。

今日の音楽

砂糖菓子のワルツ(ショートバージョン2)/作曲:山谷 知明

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。