日記

天使と悪魔が同居している

どんな人の心の中にも、良い面と悪い面があります。

「天使と悪魔」

と言うとイメージしやすいと思いますが、
いつもその二つが戦いながら同居しているという感じです。

天使(良い面)が勝った時は良い人になり、
悪魔(悪い面)が勝った時は悪い人になり、
そのどちらも同じ一人の人間の中で起こります。

人間は不思議なもので、川に落ちた子犬を大人数で助けることも
あれば、一人でたくさんの人間を殺めることもあります。
天使と悪魔の力関係によって、容易く良い人が悪人になります。

そんな自分の中の天使と悪魔のバランスを取るには、
その一段階上の「監視役」を設定することが必要で、

「あ、今自分は悪人になりそうになっているぞ。」

と気付き、警鐘を鳴らすことができなければいけません。
それを人は「冷静さ」と呼びます。

天使も悪魔も、一度そちらのほうにスイッチが入ったら、
一気にその方向に突き進む性質を持っていますので、
心を落ち着けて、「ゼロポジション」に自分を設定し直せる
冷静さが必要になるのです。

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。