日記

失敗した後の心のマネージメントについて

事前にこうしたい、こうしようと決めていたことであっても、
実際に事に当たると、その結果は目を背けたくなるくらいの
大失敗だったということがあります。

そういうことのほうが、うまくいくことよりも
圧倒的に多いという気がします。

そこで、たくさん経験する失敗に対して、心をどのようにマネー
ジメントするかがとても重要になります。

まず、いちいち落ち込まないこと。

もちろん、失敗したのですから落ち込むのは当然なのですが、
感情を持たないロボットになったつもりで、うじうじ悩むのは
やめましょう。

落胆は、

「過去に戻れるなら・・・」

という非現実的な妄想とセットになっているものですが、過去に
はどうしたって戻れないのですから、このような想いを抱えること
は時間の無駄です。
さっさと切り上げましょう。

次に、失敗で焦るあまり、すぐに次の行動に出ないように心を
制御しましょう。

失敗の直後というものは、何とかして、できるだけ短時間で
その失敗を挽回しようとしてしまいます。

しかし、その結果は、更なる大きな失敗を招き、傷を深くして
しまうことが多いものです。

じっくり時間をかけて次の作戦を練り、絶好のタイミングで
リベンジしましょう。

一つの失敗に対して、上記の二つのことに注意して、
心をマネージメントしましょう。

今日の音楽

セピア色の日々(バージョン4)/作曲:山谷 知明

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。