日記

失敗を意味あるものとして受け止めるために

「こうしたい、ああしたい、こうなったらいいな」

と思いながら日々実践していますが、
そのほとんどは残念ながら実現することはありません(笑)。

ごくたまに、100個実践して1個か2個、かろうじて上手くいく
くらいが当然なのですが、多くの失敗に心が折れて、いつしか
トライすることをやめてしまいます。

自分が思い描いた純粋な願望が裏切られたように感じ、誰かや
何かのせいにしたり、ひどい時には神様を恨んだりします。
困った時には真っ先に神様にお願いするくせに(笑)。

「こうなったらいいな」

という願望風に心にセットすると、そうならなかった時のストレ
スの感じ方が大きくなるような気がします。

そこで、なったらいいなではなく、

「こうなる」

と断言風に心にセットすると良いでしょう。

そうすると、上手くいかなかったこと、失敗の一つ一つがすべて、
いつか叶えられる成功のための過程の一つとして、意味あるもの
として受け止めることができるようになるでしょう。

今日の音楽

深夜の訪問者/作曲:山谷 知明

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。