日記

好きな仕事

「お給料は我慢料である」

という言葉がありますね。

つらい仕事に耐えて、じっと我慢して、
ようやくいくらかのお金を手にすることができます。

のんびりだらだらと過ごしていてお金がもらえるはずはなく、
何かしらの苦痛を引き受けなければいけません。

多くの人が休んでいる時間帯である早朝や深夜の仕事は、
暗い中で活動しなければいけません。
今の季節ですと寒さに凍えるような時もあるでしょう。

人が汚したものをきれいにする仕事は、
汚れや悪臭などに耐えなければいけません。

長時間立ったままの姿勢を取らなければけない仕事や、
過度な精神的ストレスにさらされ続ける仕事もあります。

自分の過ちではないことで謝罪して回らなければいけない仕事や
敵意や蔑みの目で見られることをものともせずに
行動し続けなければならない仕事もあります。

そのどの仕事も、どんな仕事も、
みんな尊く、素晴らしいものだと思います。

仕事をする人、生きるために自分と戦い続ける人のあいだに
優劣はありません。

優劣があるのは、仕事をする人と仕事をしない人のあいだです。
(事情により仕事が「できない」人は別です。)
仕事をする人は仕事をしない人に比べて、
間違いなく優位であると言えるでしょう。

仕事は苦しくて当然であり、
苦しくない仕事は仕事とは言えませんが、ただ単純に、

「自分はどの苦しみなら、自らすすんで引き受けられるか」

ということに尽きると思います。

それが「好きな仕事」であると言えるでしょう。

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No posts found.

Make sure this account has posts available on instagram.com.