日記

孤独の時間

僕の休日には、「孤独の時間」とでも呼びたくなるような
時間帯があります。
仕事をしている日には、忙しさのためそんなことはなく
一日が慌しく過ぎるのですが、
休日には確実に「孤独の時間」が訪れます。
それは僕の場合、午後4時頃です。
午後4時頃になるとたちまち原因不明の憂鬱に襲われます。
特に悲しいことがあったわけじゃなく、
心配事があるわけでもないのに、
心の中でどんどん憂鬱が大きくなって苦しくなるのです。
窓の外はだんだん夕暮れ色に薄暗くなってきて、
同時に僕の心の中にも重々しい暗闇が広がってくるのです。
明日からまた仕事だ・・・という単純な理由ではないようです。
なぜなら僕の場合、2連休の1日目の午後にも
まったく同じ現象が起きるからです。
夜が今にも押し寄せようとするあの午後の雰囲気が、
寂しくてたまらないのです。

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。