日記

実践には苦痛が伴います

これをしよう、あれをしようと思っていたのに結局できなかった
ということがよくありますが、それは、実践には苦痛が伴う
ということの証明であると言えるでしょう。

頭でいろいろ考えるのは簡単です。
それを口に出して言うのも簡単です。

しかし、それを実践するためには、身体的苦痛と精神的苦痛が
我が身に降りかかってくるため、それを避けるために、
先延ばしにし、結局は何もできずに終わってしまった、
という流れを辿ります。

実践における身体的苦痛というのは、額に汗をしながら、
面倒くさい作業を延々とし続けることです。

実践における精神的苦痛というのは、自分に果たしてそれが
できるのかという恐怖や、やったところで意味があるのかという
迷い、周囲の目に対する気後れなどがあります。

そういうものをすべて乗り越えなければいけないわけですから
億劫になって敬遠してしまうのも当然のことです(笑)。

しかし、それを乗り越えて初めて、「これをしよう」が
「これをした」になり、「あれをしよう」が「あれをした」に
なるのですから、やるしかありません。

今日の音楽

疾走/作曲:山谷 知明

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。