日記

小さくなった石鹸

小さくなった石鹸を電子レンジに入れてあたためると、
石鹸内部の気泡に電子が作用して膨らみ、
想像を絶するくらいに大きくなります。
そしてまたしばらく使えるようになります。
これはよく知られている話ですね。

僕は貧乏性のため、小さくなった石鹸を捨てられません。
何気ない生活石鹸ならば未練はないのですが、
(それでも最後の泡と消え入るまで使い込みますが。)
特に、いただきものの良い香りのする石鹸や、
珍しい色や香りの石鹸は消え入るまで使うよりも、
小さくなって使いづらくなった時点で使うのをやめ、
ジャムの空き瓶などに入れて芳香剤の代わりにしています。

トイレットの片隅に置いたり、ピアノの上に置いたりします。
良い香りが空間に広がってそれはそれは素敵な気分です。

カビと腐りが心配ですが・・・

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。