日記

小さな音に耳をすます

音楽は大きな音と小さな音が混在しているから素敵なのですが、
CDにする時、コンプレッサーという装置によって圧縮されます。
それによって、大きな音は抑えられ、小さな音は持ち上げられて
全体的に均一な音源になりますので、プレーヤーで聴いた時、
音楽の進行に合わせてボリュームを上げ下げする必要はなくなり
らくに音楽を聴くことができます。
しかし、音楽が本来持っている強弱のダイナミズムは
大きく損なわれることになります。
その点、クラシックCDはこの圧縮が極力少なく施されているため
音の大小の幅が広くダイナミックですが、
たとえば外出先でヘッドホンなどで聴く時は
小さな音はほとんど聴こえないという欠点もあります。
コンプレッサーで均一化された凹凸のない音楽ではなく、
プレーヤーのボリュームを上げるのでもなく、
小さな音は耳をすまして聴く。
そんな音楽への向き合い方をしたいと考えています。

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。