日記

小説家になれる人

「小説家になれる人」と言う興味深い文章を、
先日Webで読みました。

小説家になれる人というと、文才がある、文章を書くのが得意、
ということを考えると思いますが、実はそうではなく、
「小説を最後まで書くことのできる人」だそうです。

確かに、並外れた文才があっても、小説を書き上げられなければ
小説家とは言えませんし、それも一回ではなく、
生きている間、ずっと書き続けられなければいけません。
これはとても大変なことだと思います。

魂をすり減らして作品をひとつ作り、見返してみて後悔し、
直すところを直してどんどん作品を作り続けていく。
それはとても根気の要ることで、
文才とはまた別の才能が必要になると思います。

ある有名なテレビゲームの音楽を作った作曲家は、

「あの頃、わたしよりも才能のあるやつはいっぱいいた。
 わたしはその人たちに追いつこうと必死だった。
 しかし、みんないつの間にか勝手にやめてしまった。
 最後に残ったのはわたしだけだった。」

と語っています。

どんな分野であっても、一流の人というのは、
才能やセンス以外の何か、作品を最後まで作る、
ずっと作り続ける、という根気強さを持った人なのですね。

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。
This error message is only visible to WordPress admins

Error: No posts found.

Make sure this account has posts available on instagram.com.