日記

少しだけ甘やかそう

「こうなりたい」「こうありたい」と強く願っているのに、
それがどうしてもできないような時があるものです。

夢の実現や願いの成就を阻んでいるのは、
「技術不足」と「欲望」、この二つです。

技術不足に関しては、練習するしかありません。
本を読んだり、インターネットで調べたり、人の話を聞いたり、
そういうことだけで向上することは決してありません。
自分の手足頭脳すべてをフルに動かして、
自らの身体を使いながら行動によって経験を積んでいくしか
方法はありません。
毎日たった少しずつの積み重ねで良いのですが、
なかなか根気の要ることで、多くの人が挫折してしまいます。

「簡単な積み重ねが一番難しい」

と言えるでしょう。

まずはここを改善しましょう。
騙されたと思って、毎日少しずつ、
簡単なことでも良いですので「必ず」やりましょう。
いつか(そう遠くない未来に)大きな実りをもたらすでしょう。

そして、もうひとつの阻害原因である「欲望」ですが、
こちらのほうは大敵です。

つまり、

「分かっているのにやめられない」

という、人間を破滅に突き落とすもっとも大きな要因です。
時には、

「このまま進むといつか地獄に落ちる」

と分かっているのに足が勝手に動き、
その方向への歩みを止められないという実に恐ろしいものです。
何か大きなもの(僕は「欲望の悪魔」と呼んでいますが)に
引き寄せられるかのように、抵抗できずに突き進みます。

これに打ち勝つには、

「少しだけ許す」

という方法があります。

つまり、欲望を少しだけ「甘えさせてあげる」のです。

人間とは弱いもので、禁止されるとますます欲しくなりますし、
一気に止めると枯渇状態に陥って逆に破滅します。

ポイントは、「欲望の悪魔」を甘やかしながら、
少しずつ少しずつ改善していくということです。

「一日これだけならしても良い」

と自分を甘やかしましょう。
心の力が抜けて、気が付いたら、
欲望をコントロールできるようになっているはずです。

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。