日記

幸せな憂鬱

昨日は、ユニバーサルミュージックの歌手、イザナギTAROさんに
お会いする約束があり、久し振りに銀座に出かけました。

街はすっかりクリスマスの雰囲気ですが、銀座のイルミネーショ
ンは、他の場所のもののように激しくギラギラしたりせず、
落ち着きがあってとても美しく感じられました。

銀座は街道沿いのお店がガラス張りのショーウィンドウスタイル
を取っていることが多いため、店内の灯りが外まで漏れて歩道を
照らしていて、街全体が大きなクリスマスツリーのようです。

行き交う人もみんな急ぎ足で目的の場所に向かっているように
感じられる季節です。

クリスマスのイルミネーションやクリスマスソングは、
心がじんわりと温まる気がする反面、どこか切なくて、悲しい
イメージする持ってしまうのはきっと僕だけではないでしょう。

もう会えなくなってしまった人を思い出すからでしょうか。
遠くに住んでいる大切な人に想いを馳せるためでしょうか。

地球上が「幸せな憂鬱」で満たされる季節です。

今日の音楽

初雪(バージョン4)/作曲:山谷 知明

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。