日記

幸せを感じれば明日に続く

人間はどうやら自分の身に起きた「良くないこと」に
強く想いを注いでしまう傾向があるようです。

今日起こったことを思い返してみますと、良いこともあったし、
良くないこともあったはずです。

それなのにどうでしょう、僕たちは、良いことは瞬く間に忘れ、
良くないことにばかりいつまでもウジウジとしがみつきます。

神さまが見たら、

「どうして人間という生き物は、自分の身に起こった不運に
 こんなに依存するのだろう。不運が好きなのかな」

と思うに違いありません。

そのくらい、幸運はすぐ忘れ去り、
不運にばかり思考が囚われてしまうのです。

不運を悔やんだり恨んだりするのはもうやめましょう。

良くないことが起きた時には、自分にできる回避法があったか
どうかを確認し、無いなら潔く忘れて思考を自由にしましょう。
回避法が見つかったのなら、次回にそれを活かせるように考え
ましょう。決して無駄ではなかったことになります。

そして、今日起こった良かったこと(どんなに小さなことでも
構いません)をもっともっと喜びましょう。

幸せをたくさん感じれば感じるほど、
明日にそれが続いていくからです。

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。