日記

引き算による音磨き

僕が音楽を作る時には、まず心の赴くままにやりたいことを全部
注ぎ込んで完成させ、それを創作の第一段階とします。

それは、ただ欲望のままに書きなぐったスケッチのようなもので
迷い線などもすべて含まれていて、雑然・混沌としています。

そして、そこから本当の創作の作業が始まり、

「引き算による音磨き」

を延々と繰り返していくことになります。

余分な音を極限までそぎ落として、
それでも作品が成立するギリギリのバランスが取れた時、
そこに美が生まれると思っています。

積み上げたブロックをひとつずつ外していって、崩れないように
競うゲームがありますが、あれに似ています。

そして、俳句のように、必要最小限の文字数で、
最大の世界を創り上げることを目指すのです。

また、第一段階で出来上がった作品を繰り返し聞いていると、
心に引っかかる部分をいくつか発見します。

それは、具体的には、

「生理的に不快である」

「違和感を感じる」

と言えるものですが、それを取り除いていくことになります。

しかし、その「違和感のもと」の中には、宝石に化けるような
ものが含まれていることがあるので注意が必要です。

それは、「心に引っかかる部分」こそが、作品において重要で
あり、その作品の特性を象徴するような場合があるからです。

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。