日記

後悔という名のおばけ

「この世で一番こわいものは何ですか」

と尋ねられたら、

「後悔です」

と即答するでしょう。

後悔という感情ほど取扱いが難しく、人生の大切な時間を大きく
無駄にしてしまう危険性を秘めているものはないと思います。

「あの時、ああすれば良かった」

「あの時、ああ言えば良かった」

という後悔の感情は、誰でも、毎日感じるものでしょう。

人間が自らの意志で操作できるのは、「現在」という時間だけ
であり、「過去」という時間は、どんなにやり直したいと思って
も叶いません。

しかし、後悔という感情は、その叶わないことに対して、
執拗にネガティブな想いを迫ってくるのです。

その結果、思考が停止し、身体を動かすことができなくなります。

中でも特に強烈に心に迫ってくるのが、

「人に気持ちを伝える」

ということにおいての後悔です。

好きな人に気持ちを伝えるべきかという恋愛の悩みがありますが、
答えは明確で、伝えるべきであるということになり、それは
その恋の行方、結果にはまったく関係なく、後悔という呪いから
自らを解き放つために大切なことだからです。

後悔という感情は、反省とは違います。
自己を改善するための反省のきっかけにはなりますが、
後ろ向きな感情として、いつまでもその人を呪い続けます。

反省したら、後悔は捨てましょう。

もしも後悔という感情に囚われて、立ち止まってしまったら、
こんな風に考えると良いでしょう。

「今、この地点から何をするか」

今日の音楽

集中力を高める音楽/作曲:山谷 知明

作曲家・株式会社サウンドジュエルデザイナーズ 代表取締役/青森県出身・横浜市在住/映画音楽、テレビやCMの音楽、歌、舞台音楽など、幅広い色彩の音楽を、繊細な音楽表現で描いています。主な作品は、映画『校庭に東風吹いて』、『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』、『アンダンテ 稲の旋律』、テレビアニメ『アスタロッテのおもちゃ!』など。特技は、集中力が長時間持続すること。好きなものは、美しいもの、映画、本、マカロン、チョコレート、高い所。好きな言葉は、「芸術家は弱者の味方である」。ドストエフスキー、太宰治、寺山修司、芥川龍之介、江戸川乱歩、夢野久作などを愛読しています。